鹿島アントラーズ2010

2010年5月12日 (水)

【鹿島・ACL浦項戦】昨日契約したばかりのテレ朝Chを即解約することになるとは(泣)。

NO残業Dayの制度を利用して、定時に速攻で会社をあがる。キックオフまでに帰宅できるかと思ったが、結局はスカパー録画観戦。

残念でしたね。あと、ちょっとの差かな。韓国代表クラスを揃えたチームはパスミスが少なく、ショートパス・ロングボールの切り替えがうまい。寄せが速く、アントラーズのチャンスを何度となくつぶす。後半はアントラーズの攻撃シーンが多く見れたけど、結局は相手にひかれてしまった結果だ。

ほんのちょっとの差なんだよなあ。その差を突破できない。

マルキが二人いれば勝てたよなあーと(笑)。マルキはいい動きをしていたが。(^_^;

試合終了後のゴール裏はブーイングの嵐だったが、スカパーで見ていた私は「これはこれでしかたがない」と思った。「ほんのちょっとの差」を克服できない彼らの悔しい表情を見て、この敗戦で得るところがあったんじゃないのかなと前向きに考える。

ブーイングは、今週末の名古屋戦での戦いぶりを見てからやっても遅くはあるまい。

そういえば、昨日、やっと契約したスカパー「テレ朝ch」が不要になった(笑)。即刻、解約したいところだが、スカパーでは契約して2ケ月間は解約できないルールらしい。しばらくはドラエもんでも見て我慢するか?(笑)

2010年5月 5日 (水)

【鹿島:第10節・セレッソ大阪戦】長居は苦手なスタジアムではなく、そこのチームのホームへのこだわりに負けたことなのだろう。

8時起床。
連休最終日。もう少しうたた寝しようと思っていたのだが、部屋がむし暑い。いきなり初夏に突入したような気がする。つい先週まではコートが必須だったのに。ここ最近の日本の季節は極端すぎる。これも地球温暖化がなせる技なのだろうか。。。

今日は午前中、市内を流れる小貝川の「岡堰」までぶらりとチャリを転がしてみた。目的があった。Twitterで知ったあるプロジェクトだ。

鯉のぼりプロジェクト(岡堰)
http://www.toride-kankou.net/news/2008/0421/274.html
<今年も岡堰にて鯉のぼり(約50匹)を開催いたします。
川面の鯉のぼりや通り抜け鯉のぼりなどを設置し皆様のお越しをお待ちしております。>

小貝川の中洲にある島と対岸を渡したロープに、大量の鯉のぼりを結びつけて、泳がすのだ。堤防から見たが、なかなか壮大な光景だった。常陸太田の竜神峡でもやってますよね。家族連れで見に来てる人がたくさんいて、にぎわっていた。
20100505_1_2

さて、アウェイ長居スタジアムで行われたセレッソ大阪戦は、自宅スカパー観戦。2回行って2回とも負けて帰って来てるので、「私が行くのは縁起が悪いのか」と思い、今回は遠征を遠慮した。しかし、そんなことはおかまいなしにアントラーズは負けた。(^_^;スコア2-1で。

試合終了後にオリベイラ監督が言っていたが、決める時に決めないのが敗因なのだろう。コオロキ君の後半20分すぎの決定的なシュートは決めるべきだった(あれを外しちゃうから代表選出が微妙なのだ)。しかし、チームは全体的に、運動量を抑え気味で試合にのぞんだ感があり、セレッソに走り負けしていたような気がする。鹿島は、連戦が続いているからね。まあ、しょうがないのだろう。

「長居スタジアムは鬼門」と永らく言われているが、この言葉がセレッソ側の「勝つ気持ち」を強くしてるんじゃないのかな。「アントラーズ相手にホームでは絶対に負けない」「過去負けていない」という伝統が彼らの中にできてしまっていて、これが勝利への執念とプライドを強くしてるんじゃないのかしら。彼らのサッカーを後押しする結果になっているのだろう。これがまさに「ホームの力」なのかな。。。

まあ、いつかは、克服してくれるでしょう。日本平のように。日本平では負けなくなりましたからね。(※日本平も昔は鬼門でしたね(苦笑)。

2010年5月 2日 (日)

【鹿島:第9節・G大阪戦】スコア2-1で勝つ試合は楽しい。特に2点目の瞬間が。

8時起床。
足が痛い。たぶん筋肉痛。(^_^; 昨日のカシマスタジアムに原因があることはわかっている。鹿島神宮駅からスタジアムまでの徒歩往復(約30分×2)と10時半にスタジアムに着いてから試合終了まで、立ちっぱなし・歩きっぱなしで、ほとんど座って休んでいない。これは疲れるはな。開場してからキックオフまでの3時間はコンコースを散歩してすごしている。それだけスタジアムは楽しいんだけどね。足が痛くなければ、筑波山登山か、国際フォーラムに行くつもりだった。

今日から3日間、東京有楽町の国際フォーラムで「ラ・フォル・ジュルネ」が開催されている。去年はバッハで今年はショパン。
http://www.lfj.jp/lfj_2010/
チケットを取るのを忘れてしまっていたので(チケットはほとんど完売)、会場周辺で行われる無料コンサートと屋台での食事を楽しもうかと思っていた。今日は自宅で、のんびりと、インターネット・クラッシック専用チャンネルOttava(http://ottava.jp/)の現地レポート番組を聴いていた。結局、我慢できなくなって、16日のサントリーホールである中村紘子さん演奏のピアノ協奏曲第1番を聴きに行くことにした。さきほど、チケットを予約。「ラ・フォル・ジュルネ」、チケット取っとくべきだったなあ。。。今更後悔。

さて、昨日のG大阪戦の話。劇的な野沢のフリーキック弾だった。
フリーキックがズドン!と決まるシーンって、久々じゃないのかな。昔は、小笠原が決めたのを良く見られましたが。野沢が決めた瞬間のゴール裏は、歓喜が爆発してましたよ。周りとハイタッチしたり、抱き合ったりする人たちがたくさん。先制した岩政先生のゴールの瞬間以上に見られました。(^_^; そういえば、先生のゴールは久しぶりだったようで、今朝の各紙スポーツ欄で知りました。

鹿島が2-0と突き放してからのG大阪の猛追は見るものがありましたね。80分に1点とられましたが、試合終了まで緊張感が続いてくれて、応援していて気持ちがいいものだった。大量点で終わるよりは、2-1、1-0のように「勝つか・負けるか」の1点差で終わるゲームのほうが、緊張感があって楽しい。もちろん、勝ち試合に限りますが。(^_^)
選手交代のカードを出すタイミングもおもしろいですね。90分頃から切り始めたオリベイラ監督の交代は、おもしろく、「ここで守りに行くのか!」などと想像しながら、楽しんで見てました。セレーゾ監督のような「もう守りなの?」とげんなりすることはなかったですね。(^_^;
最後に、イ・ジョンスの守備は匠です。一度だけ重大なパス・ミスがありましたが。前半は、鹿島の陣地がゴール裏側になるので、イ・ジョンスを追い続けて、彼の技を堪能してました。さすが、コリア代表。

なかなか楽しめたG大阪戦だった。

以下スタジアムで撮った写真をいくつか。


20100502_1_studium
天気快晴の中のカシマスタジアム。GWということもあって3万2千人入りました。

続きを読む "【鹿島:第9節・G大阪戦】スコア2-1で勝つ試合は楽しい。特に2点目の瞬間が。" »

2010年4月25日 (日)

【鹿島:第8節・横浜マリノス戦】司令塔対決?ワールドカップ大丈夫ですか?と心配してみる。

9時起床。
少々二日酔い。(^_^; 冷たい空気にあたって頭を冷やそうと、藤代図書館まで自転車で行く。午前中は1週間分の新聞をまとめて読むつもりだったのだが。。。すでに先客あり。他の雑誌を読みつつ1時間待ったが、新聞が解放される気配もなく諦めて帰ることにした。そんな日曜日の午前中。さすがに昼には二日酔いは覚めましたがね。。。

この二日酔いの原因は、昨晩の飲み会。いや、祝勝会と言ったほうがいいのか。
ベガルタ仙台に敗れてから、FC東京、広島戦とドロー試合が続いていた。久しぶりの勝利。そして、スコアが3-1。快勝ですね。

相手が横浜マリノスということで、かなりの苦戦(実は「今回もドロー試合」と思っていた)を想像していたが、このスコアで終るとは、まったくもって満足。(^_^) 小笠原のゴールには痺れましたよ。マルキの100ゴールもね。あっ、イ・ジョンスのゴールにも。(^_^;
前半は一進一退なハードな試合展開だったが、後半は楽しかったね。横浜のDF陣が、ああも簡単にカウンターで抜かれてしまうのには驚いた。そして中村俊輔の存在感のなさに。。。ワールドカップ日本代表の司令塔としてのプレーを見れるのを「敵ながら」楽しみにしていたのだが、拍子抜けしてしまった。小笠原に体をぶつけられて簡単にボールを取られたシーンを見てしまうとね。大丈夫なんですかね、日本代表は。(^_^;
「岡田監督はこの試合をどう見る」と思ったものですが、どうやら、彼はフランスにいるらしい(笑)。あの方は、いつもながらタイミングが悪い。

続きを読む "【鹿島:第8節・横浜マリノス戦】司令塔対決?ワールドカップ大丈夫ですか?と心配してみる。" »

フォト

TwitterView

無料ブログはココログ