« 2011年12月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年1月

2012年1月 7日 (土)

丹沢ぶらり1泊2日の山旅(塔の岳・丹沢山・鍋割山)〜丹沢山から鍋割山。鍋焼きうどんで締め(2) (2012年1月4日、5日)

(1)の続き

20120107_1_hinode
尊仏山荘で一泊しての御来光。時間は朝6:50頃。マイナス5度の山頂で、震えながらこの瞬間を待ちました。(^_^)
御来光に感動していたら、山荘ではすでに朝食が始まっており、あやうく食べ損ねるところ。。。

20120107_2_fujisan
二日目の天気は快晴。朝7時の早朝ということもあり、ガスもなく、塔の岳山頂からは360度の展望が得られた。富士山は正面にでーんと。

続きを読む "丹沢ぶらり1泊2日の山旅(塔の岳・丹沢山・鍋割山)〜丹沢山から鍋割山。鍋焼きうどんで締め(2) (2012年1月4日、5日)" »

2012年1月 6日 (金)

丹沢ぶらり1泊2日の山旅(塔の岳・丹沢山・鍋割山)〜表尾根から塔の岳(1) (2012年1月4日、5日)

どうやら風邪をひいたらしい。泊まった山小屋とマイナス5度の山頂でのご来光待ちが原因なんだろう(冬の山小屋はそんなもんなんでしょう)。雪の北横岳へ行った時と同じ格好で行ったが、登りの際に、うかつにも汗をかいてしまい、これが山頂の寒さと風を受けて体を冷やしてしまったようだ。登山の基本であるレイヤー調整の失敗ですね。おかげで、山小屋到着後、毛布をかぶって震えていた。下着はすぐにとりかえましたが。(^^;

さて、今回の長すぎる正月休み。登山初めはどこにしようかと休み前から考えていた。雪山登山は持っている装備が貧弱なため、候補外。そうなると近場の山になる。筑波山はさすがにちょっと物足りないと思い、最初は雲取山に行くつもりだった。
しかし、正月の雲取山は混むらしいとの噂を聞き、結局は山小屋泊の丹沢山行にした。丹沢に行くのであれば、最高峰の蛭ケ岳!と計画していたが、表尾根または大倉尾根から登るとゆうに7時間はかかる。しかも、決行日の天気は夕方ぐずつくとのこと。
無理のないルートということで、1日目は表尾根から塔の岳に登り、2日目は丹沢山に行き、鍋割山経由で下山することにした。もちろん、鍋割山では名物の「鍋焼きうどん」は予定にいれておいた(^_^)。山小屋泊まりをいれたのは、世の中と隔絶した環境でまったりとすごしたかったため。読みたかった本を1冊持って行った。山小屋でゆっくりと流れる時間の中でごろごろと読書をしてみたかったのだ。

そういえば、1月4日は、世の中、仕事始めで電車の中は通勤客ばっかり。遊びに行く格好をしているのは私ぐらいだった(苦笑)。

◯登山ルート
(1日目)
蓑毛(10:00)→ヤビツ峠(11:00)→富士見山荘・表尾根登山口(11:25)→二の塔(12:15)→三の塔(12:30)→鳥尾山(13:00)→行者ケ岳(13:25)→
政次郎ノ頭(13:43)→新大日(14:10)→塔の岳(14:45)→尊仏山荘
(2日目)
塔の岳(7:30)→竜ケ馬場(8:00)→丹沢山(8:25)→みやま山荘で休憩(8:50)→塔の岳(9:35)→金冷し(10:00)→大丸(10:05)→小丸(10:17)→
鍋割山(10:45)→鍋割山荘でうどん休憩(10:15)→後沢乗越(12:05)→二俣(12:25)→西山林道→大倉バス停分岐(13:30)→大倉バス停(13:45)

20120106_1_minoge
蓑毛バス停。ここから林道・山道経由でヤビツ峠まで約1時間の歩き。ヤビツ峠行きのバスに乗ればよかったんだが、電車が遅れたせいで間に合わなかった。
登山客は10人程度降りたが、表尾根で見ることはなかった。みんな大山が目的なんだろう。

20120106_2_yabitsu
ヤビツ峠のバス停を右に曲がると塔の岳への道標がある。登山口まで30分程度、舗装路を歩く必要がある。

20120106_3_hujisansou
閉鎖中の富士見山荘を右手に、左に曲がると表尾根の登山口に着く。

続きを読む "丹沢ぶらり1泊2日の山旅(塔の岳・丹沢山・鍋割山)〜表尾根から塔の岳(1) (2012年1月4日、5日)" »

« 2011年12月 | トップページ | 2012年7月 »

フォト

TwitterView

無料ブログはココログ