登山

2013年3月24日 (日)

冬の上高地(2013年3月16日・17日)

「冬の北アルプス穂高連峰を見たい」。

北アルプスの山域とは関係ない山番組を見ながら、ふと思いつき、実行に移したのが「冬の上高地」。
冬の上高地は春夏シーズンと違いアクセスが極端に悪くなる。この時期は新宿からの直行バスなどあるわけがない。JR松本駅まで行き、1日3本程度しかない平湯温泉行きの高速バスに乗る。平湯温泉から釜トンネルまでは徒歩かタクシーになる。閉鎖されている釜トンネルの中は徒歩だ。
うまい方法はないものか?とネットを探していたら、釜トンネルの近くに通年営業している旅館「中の湯温泉旅館」を見つけた。HPを良く読むとスノーシュープランというものがあり、スノーシューをレンタルで借りられて、釜トンネルと松本駅間の無料送迎もやってくれるという親切サービス。これでアクセスは問題なし。あとは天気だ。
実は「晴れる」という確信をもっていた。3月中に西穂高岳を登るつもりで2週間前から天気をトレースしていた(なんたる綿密な計画性をもった私だ!西穂高は予定が合わなくて行けなかったけど)。3月16日・17日は晴れるはず!という科学的(?)な根拠をもって、旅館の予約をしてしまいました。1週間も前に。
ただ、天候によってはキャンセルすることも念頭に。標高1600mの高さにある冬の上高地は雪山。天気が崩れれば吹雪の可能性もある。この季節はそれなりの冬山装備が必要だ。そして忘れてはならないのはこの時期(融雪期)の冬山にひそむリスク、雪崩。雪崩対策は本を読んだけど今ひとつわからない。理屈はわかるが現実的にできるんだろうか。結局は、「雪崩が起きる山域には近づかない」が正しいセオリーなのだろう。どうしても上高地に行きたい私は、旅館の女将サンの言葉「上高地の雪崩は夕方に起こるのよねー」を参考にすることにした。

そんなわけで、多少の不安を抱えつつ、3月16日(土)に松本に向かった。

20130317_01_matsumoto
松本駅アルプス口。ここからは表銀座の山々がばっちりと見えるんですね。ちなみに写真の中央に映っている山は常念岳。その右横に燕岳が見える。
旅館からの送迎バスが来るまで、駅近くの蕎麦屋で信州そばを堪能。写真撮るの忘れたけど、信州そばは美味い。

20130317_02_ryokanmado
松本駅から約1時間で旅館に到着。案内された部屋から見える景色は絶景だった。穂高連峰が見える。これ!これを求めていたのだ。
温泉に入って、しばらく部屋でだらだらしていた。カーテンを全開にして穂高連峰に陽が落ちて、闇とともに見えなくなっていくのをビールを飲みながら眺めていた。素晴らしい景色だった。

20130317_03_hodaka_asa
翌朝は快晴。太陽が西からあたる穂高連峰。右から明神岳、前穂高岳、吊尾根、奥穂高岳、ジャンダルム、天狗岩、間ノ岳と続く。去年の夏の河童橋からはガスっていて見えなかった景色だ。

20130317_04_hodakaup
穂高連峰をアップで撮ってみた。間ノ岳、天狗岩、ジャンダルム、奥穂高岳。

20130317_03_nadare
偶然とらえた雪崩が起きた瞬間。(^^;

20130317_06_kamaton1_2
朝食後、旅館のバスで釜トンネル入り口まで送ってもらう。この時期の釜トンネルは閉鎖されていて、工事車輛以外は通れません。登山者は登山届提出の義務がある。

20130317_05_kamaton2
いざ、釜トンネルへGo!トンネル内は約2キロ。

20130317_07_kamatonnaka_2
照明が消されているのでヘッドランプをつけて釜トンネルに入る。真っ暗で怖い。複数の登山者がいたはずなんだが、私が先頭になってしまった。道路が凍結している可能性があり、軽アイゼンをつけて歩きます。

20130317_08_kamatonderu_2
釜トンネルの出口。工事のため除雪されている。しばらくはこの除雪区間を歩く。

20130317_09_kendou
除雪区間を抜けると凍結区間が現れる。右側の崖の雪の状態を見ながら、できるだけ急いで通過!雪崩怖い(^^;

20130317_10_yakidake
焼岳が見え始めます。山腹には雪崩による崩落した跡。

20130317_11_kendoutouketsu
雪がだんだん多くなってくると。。。

20130317_12_hodaka_2
曲がり角から穂高連峰がアップで現れる!ワクワク感が半端ない。

20130317_13_setsudou
除雪区間が終わると雪の段差が現れる。ここからスノーシュー。積雪は約1mですかね。

20130317_14_nadare
雪崩の跡。雪のデブリが生々しい。。。

20130317_15_setsudou_2
雪道を進むが、あいかわらず雪崩デブリが凄い。。。今思えば、湿地帯の遊歩道を進めば良かったんですけどね。

20130317_16_hotel
雪に埋もれた大正池ホテル。ホテルの横から大正池に下ります。途中、トレースのない所にうっかりと迷い込み、膝上ラッセルになって苦労しました。

20130317_17_taisyouike_yakidake
大正池から焼岳。

20130317_25_nisihodaka
西穂高岳。

20130317_18_taisyouike_hodaka
穂高連峰と涸沢カール。この景色を見て、帰りたくない!と思ったものです。

20130317_19_setsudou
名残惜しい大正池を後にして(帰りにも寄りましたけど)、上高地バスターミナルに向かう。雪道をサクサク歩くのは気持ちいい。実は、雪がかなり締まっているので、スノーシューを外して軽アイゼンで歩いていました。この時期はふかふかパウダースノーは無いんですね。

20130317_20_kasuimidake
右手に霞沢岳。

20130317_21_setsudouhodaka
穂高連峰が見え始めてきます。この辺りからワクワク感が凄いです。

20130317_22_busterminal_hodaka
上高地バスターミナルに到着。穂高連峰と涸沢カールが目の前に大迫力で入ってきます。雪原には私以外誰もいません。全くの無音の世界。景色があまりにも素晴らしく、しばらく立ち尽くしてしまいました。

20130317_23_busteminal_myoujin_2
明神岳も大迫力で。

河童橋まで行きたかったんですが、バスの時間を考えてここで撤退。帰りに大正池に寄り、「帰っていいものだろうか」と穂高連峰を見ながら、荒唐無稽な自問自答を繰り返してました(笑)。冬山特有の美しい景色でした。
「ナポリを見てから死ね(vedi Napoli e poi mori)」の名言ではないが、穂高連峰を見ないと死ねません。(^^; また、来たいなー。徳沢小屋が開いてるそうなので、2日目はそこに宿泊ってのもいいかも。

20130317_24_saru
そういえば、猿がたくさんいましたね。人がいないから猿の天国なんでしょう。

<コースタイム>
中の湯旅館(08:00)→釜トンネルゲート(08:20)→釜トンネル出口(08:40)→大正池(09:25)→バスターミナル(10:15)→大正池(11:15)→釜トンネルゲート(12:30)

2013年1月 6日 (日)

谷川岳山麓スノーハイク(2013年1月5日)

とりあえず冬山シーズン到来ということで、軽い雪山トレッキングに出かけてみました。今回行ってきたのは、谷川岳山麓にある「一の倉沢トレッキングコース」。コースは土合橋からスタートして、マチガ沢出合、一の倉沢出合、JR見張小屋を経て蓮峠へ向かう山道。時間のある限り進みたいところですが、土合駅に停車する列車の本数が少ないため、マチガ沢出合で折り返すルートで我慢します。
今回は雪歩きを楽しむだけでなく、テーマが2つ。スノーシューと冬期登山靴(スカルパ)の性能を試すこと。スノーシューは浮力があって新雪・深雪を歩くのに適している道具と聞くが、果たして本当に楽に歩けるのか?それと、スカルパは、長時間雪の中を歩いても足先が凍えないのか?を実際に試してみることに。ちなみにスカルパの登山靴はイモトさんがTVの企画でマッターホルンを登った時に履いていたやつです。片足1キロ以上はある重い靴。おととし、夏用登山靴で北横岳に登ったとき、凍傷になるかと心配しながら登るはめになったので、しかたなく、大枚はたいて買いました。スノーシューは高いので今回は山道具屋さんからレンタルすることにしましたよ。(^^;

さて、谷川岳。今の時期はラッセルが必須だし表層雪崩も怖いし、さすがに登る気はしません。なかなか晴天に恵まれない山でもあります。去年の夏に登ろうと思ってましたが、いざ行こうと思うと雨。何度も断念してきた山。このめんどくさい山を山麓のトレッキングコースを歩いて眺めてやろうと思いました。朝6時の取手駅発の電車に乗って、上野から高崎まで新幹線で時間短縮。高崎からは水上駅経由の在来線で土合駅を目指します。土合駅着予定は10時頃。

それでは出発!

20130105_1_minakami
スキー客で超満員の上越線シーガルで水上駅に到着。雪国でした。ここから長岡行きの各駅停車に乗り換えます。小学生のちびっ子が乗ってきましたが、みんな半袖だったことに驚愕。雪国の住民は鍛え方が違うのか?

20130105_2_doai1
土合駅は地下駅でした。いきなり、462段の階段が待っています。ここは、「鉄ちゃん(鉄道を愛する人達)の聖地」でもあり、「日本一のモグラ駅」と呼ばれているらしい。確かに、カメラを持った軽装の人達が複数いた。

20130105_3_doai2
462段を登りきると誉めてくれました。10分はかかったかな。この階段地獄は丹沢大倉尾根のデジャブー感をフラッシュバックしてくれます(笑)。
昔は、谷川岳に登る人達がこの階段を駆け足で上がり、土合駅待合室内のテントスペース確保の競争をしてきたという逸話があるらしいが、10キロ近いザックを背負って雪山用の重登山靴では真似のしようがない。(^^;

20130105_4_doai3
土合駅の外い出ると駅舎の半分が雪で埋まっていました。駅の後ろには真っ白に冠雪した白毛門・笠ケ岳が見え、モチベーションを高めてくれます。

続きを読む "谷川岳山麓スノーハイク(2013年1月5日)" »

2012年10月15日 (月)

南アルプス・仙丈ヶ岳(3)〜薮沢カールから紅葉の薮沢新道を下山(2012年10月7日・8日)

(2)の続きです。

20121015_01_yabusawalarl
仙丈ヶ岳山頂から薮沢カールの端につけられた登山道を下り、仙丈小屋に到着。ベンチでコーヒーを飲みながら薮沢カールを眺める。山小屋のアップの写真を撮り忘れたが、次回はここに宿泊したいもんだ。朝日を浴びる薮沢カールは素晴らしいかもしれない。

20121015_02_umanose1
10分ほど休憩して下山へ。馬の背に向かう。

20121015_03_umanose2_2
まずは、タケカンバのトンネルをくぐる。

続きを読む "南アルプス・仙丈ヶ岳(3)〜薮沢カールから紅葉の薮沢新道を下山(2012年10月7日・8日)" »

2012年10月14日 (日)

南アルプス・仙丈ヶ岳(2)〜小仙丈ヶ岳と仙丈ヶ岳山頂(2012年10月7日・8日)

(1)の続きです。

20121014_01_kosen1_3
森林限界を越えて快適な稜線歩きを楽しむ。まず目指すは最初のピーク「小仙丈ヶ岳」。

続きを読む "南アルプス・仙丈ヶ岳(2)〜小仙丈ヶ岳と仙丈ヶ岳山頂(2012年10月7日・8日)" »

2012年10月12日 (金)

南アルプス・仙丈ヶ岳(1)〜北沢峠から小仙丈尾根6合目(2012年10月7日・8日)

「紅葉」ってなぜ、あーも人々を魅了させ、現場に呼び寄せてしまうんでしょうか。

実は、10月の3連休は北アルプスにいるはずだったんですよ。しかし、山小屋がことごとく満杯で現地に滞在するすべを失ってしまったのが3連休の3日前。涸沢の山小屋はとうの昔に予約を打ち切っていたのだ。紅葉の時期の涸沢カールと穂高連峰の人気がこれほどであるとは思わなかった。やはり、こんな時のことを考えてテント泊の選択肢を持っておいたほうがいいのだろうか。テントは重いし、いろいろとめんどくさいし、今ひとつ用意する気にならない。
結局は考えていた代案の「南アルプス」に変更したのだ。しかし、こちらも山小屋に断られまくり(苦笑)、なんとか泊まれたのが北沢峠の大平山荘。自然と登る山は甲斐駒ヶ岳か仙丈ヶ岳のどちらかになる。ここで思いついたのが。。。「そういえば、初めて登った北アルプスの燕岳は『女王』だったから、南アルプスも『女王』にしよう!」ということで、仙丈ヶ岳に決定した。仙丈ヶ岳は南アルプスの女王と言われているのだ。軽いノリで決めたっぽいが、実は「仙丈ヶ岳カール」を直接見たかったこともある。

そんなわけで、南アルプスに向かった。

新宿から特急あずさ号で甲府に出て、そこからバスを乗り継いで、約2時間半の「北沢峠」に向かう。

20121013_01_center1
写真はバスターミナルがある「広河原インフォメーションセンター」。上高地バスターミナルみたいな登山基地になっている。甲府から直行バスで約2時間揺られてここに到着する。ここから、北沢峠行きのバスに乗り換えるのだ。

続きを読む "南アルプス・仙丈ヶ岳(1)〜北沢峠から小仙丈尾根6合目(2012年10月7日・8日)" »

2012年8月 1日 (水)

立山連峰(3)~立山三山・真砂岳・別山縦走 (2012年7月24日~25日)

(2)室堂編の続きです。

前日、体調最悪の状態で一の越山荘に到着。17時半に夕食をとり、大事をとって18時には寝てしまった。腹下し薬とバッファリンを服用して。

翌日は午前5時に目を覚ました。山荘前に出て、朝焼けの立山を見る。

20120801_01_asayake

12時間近く睡眠をとったせいか、気力体力復活!(^_^)
予定通り、立山三山の縦走をすることにした。ルートは、二の越〜三の越→立山三山(雄山・大汝山・富士ノ折立)→真砂岳→別山→雷鳥坂→みくりが池→室堂。もっとも、スタンダードなコース。
天気は曇り。そして、風が強く寒い。気温は10度ちょっとかな。
山荘の人に「天気荒れますかね?」と聞いてみると「いや、大丈夫でしょう」という返事。天気予報では、立山室堂付近は晴れのはずだった。3000m級の山の天気はわかりませんね。服装は、念のためにアウターにレインウェアを着込んでの3枚重ねの上着。レインスーツの下はいつでも取り出せるようにした。

まずは、立山三山の最初の峰「雄山」へ向かう。二の越の登山道を進む。ガレ場で急峻。浮き石が多い。ここを雄山神社参拝目的の「観光者」がスニーカーや革靴で登り下りしていると後で聞き、驚く。事故は大丈夫なのだろうか。。。

20120801_02_ninokosi1

ペンキ印をたどって行く。途中、ガスのためペンキ印を見失い(^^; 岩に阻まれ、ロッククライミングをしてしまった。

20120801_03_ninokosi2

三の越から四の越付近。左上にうっすらと見えるのが五の越の雄山神社社務所。

20120801_04_ninokosi3

続きを読む "立山連峰(3)~立山三山・真砂岳・別山縦走 (2012年7月24日~25日)" »

2012年7月29日 (日)

立山連峰(2)~室堂 (2012年7月24日~25日)

(1)立山黒部アルペンルートの続きです。

バスとケーブルカーでトンネルをくぐり、ダムの上を歩かされ、最後にロープウェイで谷を渡って着いた「立山室堂」。茨城県の取手駅を5時半に出てからざっと7時間半かかった!室堂は遠い、そして体調も悪い。(^^;

室堂駅は地下にある。食欲がすぐれなかったが、立ち食いそば屋で「立山そば」を注文し、無理にでもかきこむ。
地上に上がる階段の途中に、富山県警の山岳情報の掲示板がある。ここで、登山届けを提出する。

20120729_01_keijiban

地上に出ると見事にガスっていた。それに寒い。室堂は標高2400mの高地にある。地上の気温より10〜15度低い。
ここからは、正面に立山連峰の立山三山がばっちりと見えるはずだが、裾野しか見えない。本来は絶景が見えて、「おおっ!」となるはずだ。

20120729_02_deguchi

続きを読む "立山連峰(2)~室堂 (2012年7月24日~25日)" »

2012年7月27日 (金)

立山連峰(1)〜立山黒部アルペンルート (2012年7月24日〜25日)

山登りを初めた時、登りたい山を3つ決めていた。富士山、立山連峰、穂高連峰。
穂高連峰はつい先週に西のはじっこ(西穂高岳)に登った。富士山は「登りたい!」という執着が少なくなった。私の中では「眺める山」という位置づけになってしまっている。箱根・丹沢・奥多摩の山々を登る時は、富士山がランドマークになっているのだ。山頂から富士山が見える山を選んで登っている。
今回登った立山連峰はそんな私の悲願の山。1ヶ月前から現地・登山道の状況を確認しており、稜線から雪が消えるタイミングを今か今かと待ち続けていたものだ。3000m級の山でアイゼン・ピケッルの雪山装備での登山はキツい。
雪の状態を山小屋に確認し、天気の状況をにらみ、「雷鳥坂の雪が消えた」という情報をきっかけに、7月24日に立山室堂に向かうことにした。

念願の立山行だったのだが、実は当日問題が起きていた。登山の最終準備をしていた前日は元気だったのだが、室堂に向かう当日の朝、強烈な下痢と微熱に襲われたのだ。原因はたぶん夕食で食べた牛焼き肉。焼き方が甘かった記憶がある。(^^; 計画を中止するか迷ったのだが、「とりあえず、上野まで行こう!」と判断を楽天的に保留。結局は「長野で判断!」「松本で判断!」「信濃大町で判断!」とずるずると先延ばしをし、室堂まで来てしまった(苦笑)。念願というものは病を上回る気力を倍増させてくれるのだろう。実際、山荘に着いた時はフラフラの状態。翌日には復活しましたけどね。

そんなわけで、信濃大町までの車内ではほとんど寝ていて、写真も何も撮ってない。いきなり信濃大町駅の写真から始る。この駅が「立山黒部アルペンルート」の起点だ。
駅構内で立山黒部アルペンルートの往復切符を買う。室堂まで11,200円。メチャメチャ高い!

20120726_01_sinanooomachi

立山黒部アルペンルートとは、バス、トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで、信濃大町(長野県)から立山(富山県)を結ぶ路線のこと。今回利用したのは、室堂まで。具体的には、信濃大町→(バス)→扇沢→(トロリーバス)→黒部ダム→(徒歩)→黒部湖→(ケーブルカー)→黒部平→(ロープウェイ)→大観峰→(トロリーバス)→室堂、という経路。途中、徒歩も含めて6回の乗り継ぎがある。

まずは信濃大町からバスで扇沢へ向かいます。扇沢駅はトロリーバスの始発駅。

続きを読む "立山連峰(1)〜立山黒部アルペンルート (2012年7月24日〜25日)" »

2012年7月22日 (日)

上高地→西穂高岳(3)2012年7月16日~18日

上高地→西穂高岳(2)2012年7月16日~18日の続きです。

山荘に泊まると、ついこだわってしまうのが御来光。日の出。
この日は4時45分。日の出を見るには、山荘の周りではなく、西穂丸山に登らないと見えないと山荘のお姉さんから聞いてはいた。あーでも、あの大岩ごろごろの登山道を真っ暗の中、ヘッデンを点けて行くのはちょっと面倒だ。午前4時には起きていたが、やはり面倒になり、山荘付近で朝焼けを見ることで満足することにした。

そんなわけで、朝焼けの霞沢岳と雲海。

20120718_01_asayake

6時の朝食まで山荘前のベンチで景色を眺めていました。都会の喧噪から離れた山荘の雰囲気は素敵です。聞こえるのはウグイスの鳴き声だけ。

続きを読む "上高地→西穂高岳(3)2012年7月16日~18日" »

2012年7月21日 (土)

上高地→西穂高岳 (2) 2012年7月16日~18日

上高地→西穂高岳 (1) 2012年7月16日~18日の続きです。

上高地アルペンホテルのハイカーズルーム(相部屋)で、一人寂しく過ごした私は、5時に目を覚ました。
窓を開けると涼しい風が流れてくる。さすが標高1500mの上高地。空を見上げれば、青空です。昨夜の天気予報では曇りだったので心配していたが、どうやら登山に適した天気になってくれたようだ。
ホテルが昨夜用意した弁当で朝食を済ませ、身支度を整えて、7時にチェックアウトした。

梓川沿いの遊歩道を歩き、西穂高登山道入り口へ向かう。上高地から西穂高の稜線へ直登する登山道だ。約3時間で西穂山荘の脇に出る。新穂高温泉まで移動してロープウェイで稜線に出る方法もあるが、せっかくの穂高岳を満喫(?)したくなり、玄関から上がることにしたのだ。

登山道入り口は田代橋の近くにある。東屋のような作りになっていて、登山&下山届ポストが設置されている。

20120717_01_tozanguchi

続きを読む "上高地→西穂高岳 (2) 2012年7月16日~18日" »

より以前の記事一覧

フォト

TwitterView

無料ブログはココログ