W杯南ア大会

2010年7月 3日 (土)

そういえばブログほったらかしにしてました。

ワールドカップに振り回されてました。(^_^;

そろそろ再開。

2010年6月 6日 (日)

W杯まで後1週間ですかね。。。

8時起床。
今日は下北沢の本多劇場へ、加藤健一事務所の芝居を見に行く。「モリー先生との火曜日」という芝居だ。30周年記念公演だそうで、かなり力の入った舞台になるのではないかと期待。キャストは加藤さんと高橋和也さんの二人。二人芝居。そういえば、昔観た、高畑さんとの二人芝居「セイムタイム・ネクストイヤー」はおもしろかった。二人芝居は、俳優さんの実力が試されますよね。相当な演技力が要求されるのでしょう(たぶん)。そんなわけで、わくわくしながら下北沢へ行った。
いやあ、おもしろかったねえ。(^_^)v 公演中の芝居につきネタバレにならないよう、詳細は書きませんが。。。加藤さん演ずるモリー先生がALSという不治の病に冒されつつ、寿命が尽きるまで、高橋さん演ずる元教え子に病床から授業をするというストーリー。加藤さんが観客席に向かって(演出上)、元教え子の質問に答え、そして、人生の格言を語ったりと。観ている私はまるで聴講生になったような錯覚におちいりました。(^_^; 先生の語る格言がなにげに説得力があり味わい深く、うなずきながら聞いてました。いやあ、考えさせられた。いろいろと。劇場売店で戯曲本を買ってくればよかった。。。と後悔し。でも、さっき、アマゾンでポチッと買っちゃいました(苦笑)。戯曲本でもう一度読み直したい作品だった。再演があれば、もう一度観てみたい。

さて、W杯日本代表の話。
辛辣な批判をしたいところだが(笑)、最後まで見届けてみようかと思っていますよ。選手に責任はないでしょう。岡田監督とその上の組織・日本サッカー協会に責任があるのでしょうね。「ベスト4を狙う」という岡田監督のメッセージを見聞きするたびに、考えるのが、「プロとアマチュアの差」について。プロなら、目の前の目標である決勝トーナメント進出への計画をたて何らかの手を着実に打つでしょう。現実的な実現可能な方法を考えて。「ベスト4」は将来、〜10年先になるかもしれないが〜、の日本が目指す目標とするでしょう。部下達には「夢」を見させる必要がある。しかし、アマチュアは、「ベスト4」というメッセージにとらわれてしまい、自分と部下をその重圧でつぶしてしまう。結果を達成できないと、「目標が高すぎた」と言い訳を言う。。。(苦笑)
W杯のベスト4なんて、限られた国しか達成できていない。もしかして、韓国ができたから、自分たちも。。。って思ったのがベスト4の根拠なのかしら。そうであれば、このベスト4のメッセージは、彼一人だけの考えではないのかもしれない。

まあね、岡田JAPANが、あきらめムードのサッカーファンを見返してくれるのを期待してます。

2010年5月24日 (月)

代表戦・日本x韓国の感想。

6時起床。埼玉スタジアムの日本代表戦は、録画観戦。

まあ、予想通りの敗戦(苦笑)。これが現実なのだろう。

岡田監督が言う「蜂(?)がたかる攻撃」を聞いて、バルサの攻撃をイメージした私だったが。。。いつもの日本代表と変わらないのではないか?結局は。(^_^;
日本代表のやりたいことがさっぱりわからん。攻撃の約束事とかないんじゃないですかね。キャプテンは誰なんですかね。ベンチにいる川口が指示してるんですかね?(苦笑)
なんとなくですが、いまだに選手起用に迷いがあるんじゃないですかね、岡田監督は。

選手交代を見てると、なんとなくそう感じてしまう。

攻撃にからめない・ボールを簡単に奪われる中村俊輔を交代したのはわかる。しかし、本田を交代させたのはナゼか? 川崎の中村は?ヤノキショウは?なぜ、森本を先発させない?

いまだに、選手起用・フォーメーション・攻撃の核を誰にするかについて迷っているのだろう。試してるしか思えない。

何のための韓国戦なのだろう。

日本代表をサポートしている人達には失礼な書き方かもしれないが、ほとんど期待していない。試合終了後の負けインタビューの自信の無さは、「終ってる」としか言いようがない。

ほんと、どうしたもんでしょうね。フランスW杯の時の繰り返しですね。(^_^;

2010年5月15日 (土)

もし、日本代表監督がオシムで矢野貴章を選んだら世間の反応は逆だっただろう(笑)。

7時起床。今日は仕事。
昼休みに渋谷の東急東横店の名古屋物産展に行ってみた。実は、ひさしぶりに「きしめん」を食べたかった。8Fの催し物会場に行くと、名古屋のB級グルメを中心とした現地の特産品が所狭しと出店されている。入口から入って一番奥にきしめんのお店があったのだが、すでに長ーい列ができていた。一目見て戦意を失った。実は行列が苦手。見ただけで、うんざりするのだ。しかし、サッカースタジアムの開場前の並びは苦にならないのはナゼなんだろうか(苦笑)。
きしめんを諦めて、会場をぐるりと周ってみたが、どうも我が食欲を刺激するものがない。味噌カツやカレーうどんの人気店があったが、どうも入る気がしない。結局、何も買わず食べずに出てきてしまった。なんでですかね。名古屋の食べ物が自分に合わないのだろうか、それとも明日の名古屋戦を意識しての敬遠だったのだろうか。(^_^; よくわかりませんわ。できましたら、仙台物産展をまたやって欲しいですね。

さて、ついこの前発表となった日本代表メンバーの話。
発表時は、腹が立ったり、うんざりしたり、「ヤノキショー?Who?」とつぶやいたり「あのメガネ野郎をなんとかしろ!」と怒鳴ったりと感情的な一日だったが、今では、どうでもよくなり、「ワールドカップは4年に1回の祭だから楽しもう!」と開き直っている。これは、つまらない飲み会に誘われた時に、よく使う手であり、一人醒めてるよりは一緒に酔って周りに溶け込んだほうが無難であるという大人の処世術を選択する自分の気持ちに近い(笑)。

川口を選択したのは、12年前のフランスW杯で「ベルマーレの小島」を連れていった時の事情に似ており、思わずにやけてしまったが、矢野貴章は謎ですね。背が高い選手であることはわかりますが。たくさんの疑問がわいてしまう。ここ最近のJでの成績はどうなのか?活躍していない選手が世界大会で活躍できるのか?など。
選ばれなかった選手とどうしても比較してしまう。石川とか前田とか。。。

しかし、もしかしたらこれが当たるかもしれない。大活躍をするかもしれない。その結果、岡田監督が名将になるかもしれない。(^_^;

世間の疑心暗鬼を招いてしまうのは岡田監督が信頼されていないせいなんでしょう。
もし、トルシエかオシムが代表監督だった場合にこの選出をしたら、世間は別の反応をしたでしょう。世間は「これは何かある」「才能を見抜いた」とか(笑)。
彼は、ほんと風采としゃべり方で損をしている。オーラを感じない。まるで、官僚の答弁に近い(爆)。今の日本で最も信頼されていない職業の人たちだ(苦笑)。

不思議なもので、どこのメディアもつっこんでいない基本的な事実がある。

ワールドカップ経験がフランスW杯全敗だけの監督が実績を残せるのか?

これを言ってしまうと、日本のワールドカップが終ってしまうので、ふれないようにしてるんでしょうね。たぶん。( ̄ー ̄)

70年・80年代のW杯では経験がないチームの番狂わせは確かにあった。例えば、北朝鮮とかカメルーンとか。でも、サッカー戦術が確立してしまった現代では果たして、ありうるのだろうか?

まあ、お祭りということで、W杯を楽しみたいと思いますわ。

2010年5月 9日 (日)

明日は日本代表メンバー発表。メンバー構成ではなく「サプライズ」をこっそりと予想してみる(笑)

8時起床。
昨日、おとといと連夜飲み会が続いた。今日は、休肝日も兼ねて、遠出をすることなく、まったりと過ごす。午前中は、いつものように図書館で一週間分の雑誌と新聞を読む。これが習慣になっているため、速報性が要求されるもの以外の雑誌類は全く買わなくなった。雑誌買っても、情報が古くなってしまえば、ゴミになってしまうんですよね。これがもったいなくて。でも、アントラーズの優勝特集がらみの雑誌は全てとってあります(笑)。
雑誌は買わない主義の私でしたが、近所の書店で、ワールドカップ特集の雑誌を買ってきました。そろそろ勉強しないといけない。(^_^; 実は、各国の代表メンバーや候補および監督のことをほとんど把握していない。各代表の予選通過におけるドラマや、選手が代表に選出されるまでのストーリーをある程度知っていると、試合がおもしろくなる。
私が贔屓するチームは、今回もイタリア代表。引退したロベルト・バッジオのファンだったことが影響している。1990年イタリア大会からかな。それに、昔、WOWOWとスカパーでセリエAをよく見ていたことも。

さて、明日の月曜日に日本代表のメンバーが発表されるらしいが、まったく、盛り上がっていないし期待されていないのはナゼなんでしょうね。( ̄ー ̄)
メンバーはどちらにしろ、欧州メンバーが中心にならない限り、試合にならんでしょう。本田と森本は当確でしょう。本田中心のチーム作りが妥当だとは思いますがね。「あの監督」のことですから、ナカムーラ中心になりそうな予感がするな。(^_^;Jリーグで活躍していない選手を中心に置くことはありえないとは思いますが。。。フランス大会のデジャブーのせいか、やりそうな気がする。。。(^_^;

ナカムーラにはCMスポンサーがたくさんついているため、本田より広告効果があるのでしょう。だから、ナカムーラへの批評や、本田との比較論を取り上げるメディアが少ないのでしょうね。
このまま、日本代表の実力を客観的に分析しないまま、大会に突入するんですかねえ。まだ、「負ける」とは決まっていないが、最悪の結果を迎えた時の、視聴者の落胆が怖い。サッカー人気への影響が怖い。

そうそう、エントリータイトルにあったサプライズメンバー。

私は、ソガだと思う(笑)。

小笠原は選ばれないだろう。たぶん、なんとなく。

フォト

TwitterView

無料ブログはココログ